おにぎり2個を運転しながら食べるしかないセブン・ドライバーの死を悼む

「毎日おにぎり2個握ってもたせてやっていました。息子から『運転しながらだとおかずは食べることができないから』と言われたので、おかずは持たせていませんでした」「常に疲れた様子でいましたし、表情も暗かったことを覚えています」「寡黙でしたが、働き者で、やさしい性格でした。息子に二度と会えないと思うと残念でなりません。」
これは、今年1月6日に長野県上田市のセブンイレブン店舗駐車場で荷物を降ろし終わった後倒れ、救急車で病院に搬送されたものの「急性動脈性乖離」で死亡した43歳の男性配送ドライバーの母親のコメントだ。
 母親は、「現在、過重な労働によって健康を害したり、息子のように命を落としたりする人が他にもいる」から企業と国の責任で「改善」すべきだ、との思いから労災申請を行い8月24日に認定され、マスコミでも大きく報道された。
 私は、なによりも同じセブンイレブンで働く仲間が過労死に追い込まれたことに、もっと前に千曲ユニオンに団結していれば・・・と悔しさと怒りにたえない。
報道では、直接雇用していた運送業者の名前は出たが、セブンイレブンの名前は隠された。セブン資本は他の会社のことだとだんまりを決め込んでいるが、この過酷な長時間の配送体制を指示していたのはセブン資本だ。
 配送ドライバーはセブンのロゴ入の統一した制服を着させられ、セブンのロゴを大きく貼った大型トラックを運転して、セブン店舗だけを走り回っていたのだ。そして、配送ルートを決定していたのはセブン本部だし、物流を担ったのもセブン直系の大手商社だ。
 一人乗務でソフトドリンク、酒、雑貨、加工食品と、積み込める限度まで積み込んで、毎日お店に検品、積込み、配送、荷下ろしと、過酷な業務を担わされていたセブンの配送ドライバー。特に長野県は人口に対するコンビニ比率が高いにもかかわらず、店と店との間は山あり谷ありで非常に緊張を伴う運転が強いられる。長時間労働に重なる運転のストレス。過労のために、店舗で倒れるドライバーが後を絶たないことはうわさになっていた。
報道によれば、亡くなる直前一カ月の時間外労働は114時間、拘束時間は314時間13分で、入社当時66.9キロあった体重は6ヶ月後には59.6キロにやせていたというのだ。
 オーナーという名の「名ばかり店長」、「コンビニバイト」の異名がつく店舗従業員、そして配送ドライバー、さらに外国人労働者も多いおにぎりや弁当の工場労働者・・・セブン系列で働く労働者の9割は非正規だ。セブン本部は労働者を幾層にも分断し競争を煽り立てて支配していたことがこの間の団交で明らかになっていた。
セブン労働者が怒りの決起をはじめるときが来た。千曲ユニオンは、ただちに長野市若穂にあるセブンの配送センターでビラまきに決起した。セブン闘争は新たな闘いの段階に入った。私たちはモノじゃない。誇りあるコンビニ労働者として、闘う労働組合に団結し、非正規職撤廃をストライキでかちとるまで闘う。人間が人間らしく生きられる社会を作ろう!
スポンサーサイト

セブンーイレブン・ジャパン資本は「労働者いじめ」をやめろ!


■セブン降格・減給撤回闘争
 3月8日セブンーイレブン・ジャパン資本は、OFCとして働く千曲ユニオン河野正史組合員に対して、職場の仲間との団結破壊として降格・減給の攻撃を行ってきて以降、河野組合員は「納得がいかない」と憲法28条『勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する』にのっとり、労働組合としてセブンーイレブン・ジャパン資本、社長古屋宛に団体交渉を申し入れ、本部人事労務部と会社側弁護士を4月7日、5月26日の2回にわたって長野市内における団体交渉で追いつめてきました。
2回の団体交渉で判ってきたことは
①「健康のため」という理由からは、約10万円もの減給の根拠がない。、
②開示された就業規則、賃金規定には、このような降格人事規定がない。
③「健康のため」という人事発令の理由はウソであること。
③36協定が、労働基準法を守って行われたことは言い難い。
 
河野組合員は、降格後の月給がこれまでの月給から約10万円ほど減らされました。とんでもない「不利益扱い」です。明らかに不当人事です。根拠無き不利益扱いです。不当人事の本当の理由は、これまでも指摘してきたとおり、河野組合員が店舗側に立って本部の姿勢を批判し、セブン本部の「ブラック企業体質」の変更を求めていたことを嫌がって、嫌がらせをし、あわよくば追い出したいからだということが、ますます明らかになってきました。
 団交において会社側労務部マネージャー藤本は「河野さんのAFCの仕事をは軽微で誰にでもできる仕事」だと言い、私たちコンビニで働く全ての仲間の労働の誇りを奪ってきました。慢性的な長時間労働と本部社員の分断支配、お店に対する優越的地位的支配が行われていることが 明らかになりました。
 「働き方改革」と称し、過密な労働、24時間365日、休日はあっても緊張感に絶えずさらされている環境で、今までどれだけ多くの仲間がパワハラや過剰なノルマによって退職に追い込まれたり、自殺に追い込まれたのか?
 そもそもセブン資本は、就業規則・賃金規定を日常的に閲覧できるようにしておらず、従業員への周知を怠ってきました。残業は本来違法なものですが、36協定締結を従業員全員参加の下で締結せず、本部が一方的に締結してきました。そうした事実が2回の団交で分かってきました。これから本格的な追及がはじまります。

お店・現場の仕事を「軽微な誰にでもできる仕事」
と言い放つセブン本部資本を許さない!

■セブン本部の下請けいじめの実態
 公正取引委員会が、7月21日セブン本部が関連会社、商品工場などに販売促進費などを負担させるいわゆる「下請けいじめ」をしていたとして勧告を行ったことが報道されました。公正取引委員会によると下請け業者76社に対し、新しいお店が開店した際の販売促進費や新商品をお店に紹介するための費用を負担させ、本来、支払うべき代金を不当に減額していたという。その額は昨年8月までの1年間で約2億2746万円で、公正取引委員会は下請法違反に当たるとしてセブン本部を勧告しました。
 この公正取引委員会から勧告された「いじめ」構図は、セブン本部のオーナー、お店に対する優越的地位。本部社員の頻発するパワハラ・部下いじめと一緒です。
 河野組合員は、AFCに降格後も、本部の現場(お店)を無視したあり方を批判し続けています。労働者が誇りをもって、仲間と団結して、協力して働ける環境に変えるため闘いを継続しています。
 これからもセブン本部資本に対して、団体交渉を要求し、資本をとことん追いつめていきます。すべてのセブン-イレブンで働く皆さん!河野組合員とともに立ち上がろう!
 
 セブン本部正社員のブラックな労働実態を改善するために労働組合に入ろう!オーナーも店長も「実態は労働者」というのが最高裁の判決です。名ばかりオーナーや店長、従業員、さらに工場や配送ドライバーなど関連会社の労働者の、労働条件を改善し生活を守るためには、労働組合に加入して憲法28条の保障する団結権を行使することが最強の道です。千曲ユニオンに入って生活を守ろう!相談にのります。秘密は厳守します。
 すべてのコンビニで働く労働者は団結しよう!
地域合同労組 千曲ユニオンに加入して闘おう!

①高すぎるチャージを減らせば、パート・アルバイトの時給アップ可能!
②パート・アルバイトの時給アップすれば、人手不足は解決する!
③店舗オーナー、店長の長時間労働も解消する!
④パート・アルバイトも有給休暇がとれる!
☆すべては、セブン本部の利益吸い上げ過ぎが原因だ!

地域合同労組 千曲ユニオン (委員長・坂本泰信)
電話     026-273-5001(労働相談受付中)
メール mail:tikumaunion@yahoo.co.jp
ブログ  http://tikumaunion.blog.fc2.com/
住所 千曲市屋代2131-3
カンパの送り先  地域合同労組 千曲ユニオン
郵便口座番号00500-1-108691


「大坂さんは無実」を訴え街頭宣伝

大坂さんは無実、逮捕されるべきは安倍晋三だ!<a href="http://blog-imgs-112.fc2.com/t/i/k/tikumaunion/CIMG0839.jpg" target="_blank">
 共謀罪の衆院通過を強行するために、71年沖縄返還協定批准に沖縄現地の怒りと連帯して渋谷闘争を闘った大坂正明さん(とされる人物)逮捕をNHKはじめ全マスコミで大々的にキャンペーンしました。大坂正明さんは無罪です。同じ事件ででっち上げ逮捕され、42年間獄中にとらえられている星野文昭さんと同じく物的証拠などなにもありません。事件から数ヶ月経って闘争参加者のなかから未成年者を選び出し、逮捕して強要した「供述調書」なるものが「証拠」のすべてです。その「供述調書」は裁判の過程で取り調べで強要されたものであることを本人たちが証言しています。許せません。千曲ユニオンは昨日長野の仲間とともにこの事実を訴えて街頭宣伝を行いました。
 戦争に反対し、沖縄の基地撤去のために不屈に闘う大坂さん、星野さんに比べ安倍晋三という人物は卑劣・愚劣の極みです。NHK、最高裁、日銀、検察、警察、官僚機構といった国家の中枢を「お友達人事」で固め、反対するものは抹殺する(森友学園・加計学園事件、お抱え「ジャーナリスト」山口某のレイプ事件等々)。そして秘密保護法、共謀罪で物言えぬ社会を作り出し改憲と戦争に突進しようとしているのが安倍です。そんな虫のいいはなしは通用しません。韓国・朴クネ、アメリカ・トランプのように恥多き弾劾にさらされています。6月参院での共謀罪成立を絶対に阻止し、改憲・戦争への道を阻止しよう。「残業100時間」を認めるような働き方改革に反対し、8時間労働制を守り、労働者が人間として豊かに暮らせる社会を作りだそう!

セブン第二回団交へむけて

根拠のない不当な降格人事
開示された書面から暴かれた事実

■降格人事に正当性なし
 4月7日の第1回団体交渉の結果、組合側が求めた「降格人事が正当か否かを判断するために必要な書面――就業規則、賃金規定、診断書」を、セブン-イレブン・ジャパン本部は4月中旬開示してきました。
 関連した規定など必要な書面がすべて開示されたわけではありませんが、少なくとも、この開示によって、降格人事に正当性がない、ことが明らかになりました。
■人事の発令文書がない!?
人事の発令は、口頭で伝えられただけで、通常こうした人事の発令には不可欠な書面の交付がありません。きちんとした理由を説明できないからでしょうか?
■発令人事の理由はウソ!規則上の根拠がない
 「健康上の理由」と口頭で言われましたが、開示された診断書には、「人事異動が必要」「降格が必要」とは書かれておらず、むしろ逆の内容でした。つまりは、降格人事には根拠がない、ということです。
 「降格人事発令」によって、河野組合員は、4月末の月給がこれまでの月給から約10万円ほど減らされました。とんでもない「不利益扱い」です。
 しかも、OFCからAFCに異動(「降格」)になることで、約10万円の不利益扱いになるというような規定は開示された就業規則や賃金規定にはありません。
 明らかに不当人事です。根拠無き不利益扱いです。不当人事の本当の理由は、これまでも指摘してきたとおり、河野組合員が店舗側に立って本部の姿勢を批判し、セブンの「ブラック企業体質」の変更を求めていたことを嫌がって、嫌がらせをし、あわよくば追い出したいからです。
■AFCはOFCの「アシスタント」?AFCなしに店舗は成り立たない!
 セブン-イレブン・ジャパン本部の正規職員としてOFCとAFCという職務がありますが、今回の人事で、同じ正規職員でありながら10万円もの差が出る二つの職務区分が作られていること自体、差別であることがあらためて明らかになりました。「AFCにされて、年収が200万円も下げられた!」という怒りの声をあちこちで聞きます。なぜ同じ正規職員であり、経験年数、勤続年数も同じなのに、場合のよっては経験もながく勤続年数もながいのに200万円も下げられるという扱いがされるのでしょうか? 
 AFCは、アシスタント(=助手)であるとされていますが、店舗従業員が集まらず、従業員が風邪で休んだりしたときは、オーナーが入らざるをえず、それも無理となれば、AFCが穴埋めに入ります。そればかりか、酔っ払いの対応、事件事故の対応、店舗からの緊急要請など、AFCは、そもそも不足している人員体制のもとでセブンの24時間営業体制を維持するために不可欠な要員・業務です。
 その不可欠な業務なのに、一方的に「アシスタント?assistant助手」と「下」に位置づけられ、10万円の処遇に差をつけるのは、差別ではないでしょうか!同じ労働者、同じセブン店舗をささえている不可欠な労働者なのに、このような差別的扱いはおかしいのではないでしょうか!
 AFCこそが店舗の苦労を一番知っていて、店舗をささえているのです!そのことが処遇に全然反映されていない!それはおかしい!
■慢性的な長時間労働と本部社員の分断支配
 セブンーイレブン・ジャパンの正社員全体の処遇がブラックです。「セブンのOFCは、朝から夜まで働きづめに働いていて休みも取らない」「ノルマ達成のために自腹で商品を購入している」というのはよく知られた事実です。
 経験がながく知識も豊富なベテランも多いのに、本部の意向一つで、OFCからAFCに「降格され10万円もの不利益な仕打ちをうける」というのは、分断差別です。そうした不当な処遇上の差別を設けているのは、長時間労働、サービス残業、自爆営業などに文句をいったり、それに耐えられない奴は、AFCに「落として」「減給」し、見せしめにしてブラックな労働条件を維持してきたのです。
■実態は労働者なのに、店長を「自営業者」とするブラック制度と一体
 多額のチャージを払って「一国一城の主」とされながら、経営権や決定権は少なく「名ばかり店長」・・・これがこれまで指摘されてきたセブンのフランチャイズ制の問題点でした。自営業者とされることで、労働基準法は適用されず、残業代も出ず、労災規定もない。有給休暇も取れない。働きづめでも年収も200万もいかない例が少なくない・・・こんな例がオーナー.店長の過酷な実態として指摘されてきました。
 このブラックさをカバーするのがAFCでした。AFCやOFCが24時間365日働かされることと、店長の過酷な労働実態は補完関係にあります。
 本部正社員をOFCとAFCに分断・差別して支配するのは、オーナーの反抗を防止するためでもあったのではないでしょうか?
 それは、工場や配送の労働者の低賃金サービス残業とも一体です。
■本部の空前の利益の一方で、犠牲を強いられる店舗と労働者たち
 そして本部(伊藤家や金融資本)だけが空前の利益を上げ続けてきました。
 2014年より3年連続2000億を超え5年連続増益、2016年は2567億2600万円の利益。2015年の利益率31.6%(!)。驚異的な高利益は、しかし本部が潤うだけです。
 その間、いったい何人が自殺・過労死・病気に追い込まれてきたのでしょうか?




第2回団体交渉は5月26日(金) これからが本番!
セブン本部正社員のブラックな労働実態を改善するために労働組合に入ろう!またセブンのオーナーも「実態は労働者」というのが最高裁の判決です。名ばかりオーナーや従業員、さらに関連事業所の労働者の、労働条件を改善し生活を守るためには、労働組合に加入して憲法28条の保障する団結権を行使することが最強の道です。千曲ユニオンに入って生活を守ろう!相談にのります。秘密は厳守します。

5・21韓国民衆の闘いの記録上映会


昨日長野駅前で街宣
上映会
5月21日13時より
場所 長野市トイーゴ4階大学習室
参加費 前売り800円 1000円(当日)
プロフィール

地域合同労組・千曲ユニオン

Author:地域合同労組・千曲ユニオン
電話026-273-5001
メールtikumaunion@yahoo.co.jp
住所 千曲市屋代2131-3

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR